短期契約関係

もしIBMが医療という極めて改造が難しい業界を突破口に選ばず、最初から教育、交通など比較的改造が容易な業界にフォーカスしていたら、Watsonの運命は大きく違っていたかもしれない。 別の見方をすると、IBMはWatsonをスマートホーム製品やスマートロボットなどの純粋な消費アプリケーションにすることはできますか? 何しろ、「自然な意味認識」は消費者にとって非常に魅力的で、SiriやAlexaのような中途半端なスマートな音声アシスタントでもユーザーに人気があります。ましてや、よりレベルの高いWatsonであればなおさらです。 残念ながら、歴史は仮定できません。 高騙が遠く、人類の歴史を変えることだけを追求した結果、人類の歴史の笑いものになる。2、2013年の移動取引額は2320億円実際、単純にコンテンツライブラリのサイズを比較すると、Amazonの方が優れており、合計2.6万本の映画と2700本のエピソードの著作権を持っています。2021年末のデータ(Netflixは3600本の映画と1800本のエピソードしか提供できません。 「Netflixのコンテンツ優位性」とは、主に新しいコンテンツ、特に四半期ごとの独占ドラマを指す。 ここ数年、Netflixは積極的にコンテンツ数を減らし、古いコンテンツを廃棄し、新しいコンテンツに焦点を当てている。 一般的に、ベテラン映画ファンはAmazonがすべてをカバーするコンテンツライブラリが好きで、一般ユーザーはNetflixで第一線のエピソードを見たいと思っています。 この観点から見ると、NetflixはAmazonができることをすべてできるわけではなく、そのコンテンツの優位性は多くの人が思っているほど大きくない。しかし、Microsoftとの競争が最も直接的で激しい大手はAmazonです。 双方が争っているのはクラウドコンピューティングであり、これはMicrosoftが近年復興した基盤であり、Amazonの重要な現金牛と利益源でもあるからです。 中核業務で形成される競争は、最も調整できない競争であり、まして双方の技術と規模の差は大きくない。国債の買戻し、通貨基金、債券基金がある。 この3つの資産管理方法は短期的には普通に利益を得ることができますが、短期的にはあまり利益を得られません。 国債の逆買戻しの収益は相対的に高く、日経225、1ヶ月の逆買戻しを例にとると、1ヶ月で約4268.72円を稼ぐことができる。簡単に言えば、「最も主流な選択」をしたいなら、AWSを大胆に選ぶことができます; Microsoftのエコに強く依存している場合は、Azureを選んでください。 両端がついていない状況で、Google Cloudが急速な成長を維持するための殺意は、なんと価格競争である。既存の医療情報やデータシステムに統合できない。 MD Andersonがんセンターでは、Watsonは電子カルテシステムにアクセスすることさえできない; イギリスでもWatsonは実際のカルテを読み取ることができないことが多い。 原因は監督管理(患者のプライバシー保護)である一方、医療システムの複雑さにある。 Watsonをすべての病院の医療情報システム(HIS)にアクセスさせるのは全く天に登るのが難しい!一見、Amazonは儲かっているクラウドコンピューティングで赤字の消費インターネット事業を補助しているようだ。

しかし、Microsoftの同種の製品とは一段階違いました。企業レベルの業務における大量の蓄積は、本来、Microsoftが一定の技術的優位性を獲得して、消費者側への「次元落ち打撃」を構成すべきである。これは多くの投資家がずっと望んでいることである。 残念なことに、企業レベルのビジネスは、多くの場合、Microsoftに歴史的な重荷を背負わせ、企業製品としての考え方で消費製品のエコを行うことになり、Windows Phoneの悲劇とMicrosoftのスマートフォン市場からの完全な撤退を招いています。残念なことに、2005年にPC事業を売却して以来、IBMは消費者レベルの事業をほとんど失い、消費市場に対する認識も失いました。 IBMは小売、家電などの消費業界でWatsonを真剣に推進したことがほとんどないことがわかります。 2017年、IBMは広告代理店を買収し、Watsonを利用して広告掲載を指導しようとしました。しかし、Googleやメタの高度に成熟した正確な掲載技術と比較して、IBMにはどのようなメリットがあるのでしょうか? IBMがWatson技術を千社の万戸に持ち込もうとしても、まずTo C科学技術大手をパートナーとして見つけなければならない。 考えてみれば、AppleもAmazonもMicrosoftもこれに十分な風邪を引かないはずです。たまに高い損失が出ます AWS、収入貢献率は最も小さいが、唯一の安定した利益源である。 実際、AWSとMicrosoft Azureは、世界で唯一の2つの安定した収益性を持つ大規模なパブリッククラウド(IaaS & PaaS)プラットフォームかもしれません。2022年初頭現在、Apple Musicの有料ユーザーは9800万人で、Apple TV+は2000万人以上です。 ハードウェア事業に比べて、コンテンツサービスの粗利率は明らかに高く、Appleにとって魅力的です。しかし、サードパーティの電子商取引を考慮に入れると、状況は大きく異なります。ILSRの試算によると、2021年、Amazonはサードパーティの業者から約500億ドルの配送料を受け取りました。 そのため、Amazonが配送サービスを通じて生み出す収入は818億ドル(318億+500億))で、配送費用をカバーするのに十分である。ユーザーのプライバシー保護運動が進むにつれて、2020年から、主要ブラウザはサードパーティのCookieをデフォルトで無効にし始めました 市場シェア最大のGoogle Chromeは、2022年までに完全に無効になります。MicrosoftはSurfaceを通じてハードウェア開発のより多くの可能性を探求し、Appleに倣い、追いつくことができる。 たとえば、Surface Pro Xは、MicrosoftとQualcommが共同開発したMicrosoft SQ1システムレベルのチップを使用しています。 このように発展していくと、MicrosoftがAppleのように自主設計チップを発売することも不可能ではない。 結局のところ、自分の消費ハードウェア製品を持っているということは、多くの基礎研究開発の成果に試練の場を見つけたことを意味します。

BNEX

    会計では短期投資とは何か

  • 短期契約が転換した後に補充して告知する

    別の見方をすれば、コンシューマー・インターネット・カンパニーがより効率的に機能しているのは、業界の特性だけでなく、企業の発展段階の理由もあるのかもしれません。当時、MicrosoftやOracleが設立された当初は、「速い会社」として知られていたと思います。 どの企業の初期期においても、組織構造は常にフラットで、経営陣は常に危機意識を持っており、部門内の消耗もまだあまり深刻ではない。 組織の規模が拡大するにつれて、官僚主義は避けられず、経営陣と初期の従業員も次第に自己満足し始め、経路依存が現れ始めた。 20年後のインターネット業界は今日の伝統的なソフトウェア業界のように非効率的ではないでしょうか? 20年もかからないかもしれませんか?

  • BTC-仮想通貨-BNEX

    現在の最も典型的な例は量子コンピューティング(Quantum Computing)であり、学界では伝統的な(電子)コンピュータの潜在的なスパイとみなされているが、大規模な実用には程遠い。 IBM Q System Oneは、世界初のCircuitベースの量子コンピュータであるだけでなく、商業運営に投入された最初の量子コンピュータでもある。 実際のビジネス価値は非常に限られているが、この成果は依然として無数のメディアに報道され、IBMが発行した各種PPTの中で繰り返し強調されるだろう。

  • 株式会社取引所

    多くの人はおそらく、同様にコストパフォーマンスの低い外延的な拡張を行っているのに、なぜMicrosoftは成功したのに、国内のバイトダンスとBステーションはまだ成功していないのかと聞くだろう。 答えは明らかです。前者は後者よりも資源の総量がはるかに高く、投入時間も後者よりはるかに長いからです。 どんなに非効率的な拡張モデルであっても、十分な投資があれば、いつか成功する日が来る。 肝心なのはあなたが待つ余裕がないことです。

日本取引所

  • 完全契約と不完全短期契約

    消費インターネットは人類史上最も限界コストが低く、規模効果とネットワーク効果が最も高いビジネスである。 そのため、消費者インターネット会社は「速い会社」でなければならず、製品の反復と顧客サービスの効率を極端に重視してこそ、九死に一生を得た競争の中で生き残ることができる。 企業レベルの業務には必ずしも「速い会社」が必要ではなく、多くの企業の顧客は効率を重視するよりも安定を重視していることを指摘しなければならない。 しかし、クラウドコンピューティングという新しい分野では、迅速な対応は技術基準の制定、発言権の把握、お客様の使用習慣の形成を意味します。消費業務を中心とした成長点を持つアメリカの大手科学技術会社